about

Exploding-Electric-_2016_

Jason Murray grew up in the UK living in the South-east and South-west.  He obtained a BA (Hons) in Graphics from the University of the West of England  (Bristol) in 1997. In 2016 he exhibited rotoscoped projects at the RAUM Gallery in Camberwell, London. The exhibition was a landmark occasion as it was the first time he had publicly exhibited in almost 20 years. In his own words, ‘I’d always quietly gone about my practice over the years, it is and has been purely a therapy thing for me. However, after taking an MA program in Visual Arts, it altered my approach and way of thinking, inspiring me to experiment more especially when art-making, combining tradition methods with digital tools. I still think the phrase, ‘Digital Art’ is peculiar’ Specializing in rotoscope animation, he gained an MA in Fine Art Digital at the University of Arts, London (Camberwell) in 2017.

ジェーソン マレー 南東部と南西部に住む英国で育ちました。彼は1997年にイギリス西部大学(ブリストル)からグラフィックスの学士号(優等学位)を取得しました。2016年にはロンドンのキャンバーウェルにあるRAUMギャラリーで回転鏡プロジェクトを展示しました。彼が20年近く公に展示したのは初めてだったので、この展示会は画期的な機会でした。彼自身の言葉では、「私は何年にもわたって常に静かに自分の練習を行ってきました。それは私にとって純粋に治療的なものであり、これまでもそうです。しかし、ビジュアルアーツで修士号を取得した後、それは私のアプローチと考え方を変え、伝統的な方法とデジタルツールを組み合わせて、特にアート制作の際に実験するように促しました。 「デジタルアート」という言葉は今でも独特だと思います。ロトスコープアニメーションを専門とし、2017年にロンドン芸術大学(キャンバーウェル)でファインアートデジタルの修士号を取得しました。

Since 1999 he has spent most of his time living and working in Japan. In areas such as Tokyo, Saitama and Kanagawa. His visual dairies  maintain a dialogue with his art practice. Exploring aspects of Japanese culture, its social history and geography predominantly occupy his practice. His most recent and on-going project,  Once Useful began in 2016 and explore abandoned, uninhabited, derelict Japanese and British architecture.

1999年以来、彼はほとんどの時間を日本での生活と仕事に費やしてきました。東京、埼玉、神奈川など。彼の視覚日記は彼の芸術活動との対話を維持しています。日本文化の側面を探求し、その社会史と地理は主に彼の実践を占めています。彼の最新かつ進行中のプロジェクトであるOnceUsefulは、2016年に始まり、放棄された、無人の、遺棄された日本と英国の建築を探求しています。

Drawings are his preferred medium. As he states, ‘purely for its immediacy and simplicity’  The drawing element is a central component to his rotoscoping projects (a technique used in the animation process). Through rotoscoping, influences in music, pop culture and Expressionism are woven into the narrative sculpting commonly personal vignettes.

ドローイングは彼の好みの媒体です。彼が述べているように、「純粋にその即時性と単純さのために」描画要素は、彼のロトスコーピングプロジェクト(アニメーションプロセスで使用される手法)の中心的なコンポーネントです。ロトスコーピングを通じて、音楽、ポップカルチャー、表現主義への影響が、一般的に個人的なビネットを彫刻する物語に織り込まれています。

His other interests include cricket, indie music, Mike Leigh films,  cyclogeography and 1970s British Public Information Films. Recently, he has taken to writing in the form of family memoirs and over the past few years he’s been fortunate to have had a few publications in The Guardian .

彼の他の興味には、クリケット、インディーズ音楽、マイクリーの映画、サイクロジオグラフィー、1970年代の英国の広報映画などがあります。最近、彼は家族の回想録の形で執筆するようになり、過去数年間、ガーディアンでいくつかの出版物を持っていたのは幸運でした。

The following video Once Useful: Exploring Saitama’s Rural Relics documents his explorations during the time spent living in Saitama, Japan (2016-18). The video also gives insight into how he goes about his practice:

次のビデオ「かつて有用だった:埼玉の田舎の遺物を探検する」は、日本の埼玉に住んでいた時間(2016-18)の彼の探検を記録しています。ビデオはまた、彼がどのように彼の練習をしているのかについての洞察を与えます:

Homework’ (2016) is a vignette of domestic family life in the form of a rotoscoped animation. A father and daughter collaboration. The animation explores movement, expression, adolescent behaviour and playful performativity. The soundtrack, a rendition of a famous pop song, is performed by his daughter.

宿題」(2016)は、ロトスコープアニメーション形式の家族生活のビネットです。父と娘のコラボレーション。アニメーションは、動き、表現、思春期の行動、そして遊び心のあるパフォーマンスを探求します。有名なポップソングが監督するサウンドトラックは、彼の娘が演奏します。

 

Front Page Content 1

Gallery

 

This slideshow requires JavaScript.

 

Front Page Content 3

Front Page Content 4